基礎看護学4 看護のプロセス~放送大学シリーズ~

投稿日:

4、看護のプロセス

放送大学・基礎看護学('16)の4回目の講義を視聴しました。

今回のテーマは、「看護のプロセス」です。ご担当は、福井大学の松尾淳子先生です。

以前は大阪医科大学に勤務されておられましたが、最近福井大学に赴任されたようですね。

 

では松尾先生、よろしくお願いします!!

 

看護のプロセスと看護過程

そもそも看護過程においてまず大事なのは、「対象者に関心を寄せること」というお話がありました。

そして、「看護過程」の概念について、日本看護科学学会が規定した概念を引用して説明しています。

 

看護過程の5つのステップ、すなわちアセスメント、看護診断(問題の明確化)、計画立案、実施、評価)については、このあとじっくり講義の中で触れていきますよ。

 

看護過程の構成要素と看護理論

ここでは、看護過程の5つのステップは相互に関連しているということや、そのことについて、糖尿病の患者さんを例にしたお話がありました。

 

看護過程の5つのステップって、企業で用いられるPDCAサイクルに似てる感じなのかな?

 

看護のプロセスの実際

ここからは、脳梗塞を発症したAさんの事例をもとに、看護のプロセスの実際を学んでいきます。

テキストでも紹介されていますが、講義ではよりわかりやすく、ビジュアル化して事例が紹介されました。

そして、ヘンダーソンの14の基本的ニードを使用したアセスメントについて、少し詳しく説明がありました。

さらに、関連図について触れています。

 

テキストだとモノクロの図ですが、講義だとカラーの図なので、見やすくてわかりやすいですね。

 

 

次に、看護計画・立案の話に入っていきます。

看護目標設定では「RUMBAの法則」の話が、計画立案では5W1Hが重要、という話でした。

そして、テキストにも載っている「看護計画・実施・評価シート」について、解説がありました。

 

テキストにも訂正表が挟まっていたと思いますが、このページには誤植があります…「評価」の欄にある「OP」は「EP」の間違いですので、まだ訂正していない方は訂正しておいてくださいね!

 

最後に、今回の講義のまとめがあって、講義終了!

 

先生は、「看護目標は、患者の気持ちに寄り添ったものでなければならない」とおっしゃいました。いくら良かれと思って立てたものでも、肝心の患者さんの気持ちを蔑ろにしたものだったら、何のための看護かわかりませんからね…気をつけたいものです。
基礎看護学('16)は、放送大学で受講できます。毎週木曜12:00~12:45に放送していますので、ご覧ください!

-基礎看護学

Copyright© 安心!看護師求人比較サイト , 2022 All Rights Reserved.