基礎看護学2 コミュニケーション~放送大学シリーズ~

投稿日:

2、コミュニケーション

放送大学の基礎看護学('16)も2回目に入りました。

第2回の講義は、前回と同様に井上智子教授が担当します。

井上教授は、放送大学の客員教授であるとともに、大阪大学の教授でもあるんですね。

 

それでは先生、今回も素敵な講義、よろしくお願いします!

 

基礎看護技術としてのコミュニケーション

まず、看護を行う上でなぜコミュニケーションが必要がという話があります。

適切な看護を行うには、まず対象者がどのような状況にあるのかを、適切に把握する必要がありますよね。

そのためには、コミュニケーションを行うことによる状況把握が欠かせません。

 

また、先生もおっしゃったように、コミュニケーションそのものが看護となることもあり、そういった意味でもコミュニケーションはとても大事なんですね。

 

看護は人と人の触れ合いが根本にあると考えた場合、コミュニケーションが大事だというのは当然のことですよね!

 

コミュニケーションに関連する知識

このパートでは、コミュニケーションについて、もう少し詳しい説明がありました。

コミュニケーションといってもいろいろあり、それぞれの特徴を把握しておかないと、共有する意識が薄れ、誤解を招くことになる、とのこと。

たしかに、伝えたいことを伝えるのに適切なコミュニケーションの手段を選択しないと、伝えたつもりでも相手に伝わっていないなんてことは、十分起こりうることですよね。

 

そして、コミュニケーションを成立させる4つの要素の説明がありました。

特に4つ目の要素(コンテキスト)については、共有レベルが違うと意味が伝わりませんし、また逆に、共有レベルが同じ思っていることによって、かえって誤解を招くことにもなってしまいますので、十分注意する必要があるのではないでしょうか。

 

コミュニケーションって実は思っているよりも難しいんですね…気をつけないと。

 

そしてこの後は、ジョハリの窓を使った自己理解と自己開示、コミュニケーションによるマイナスの影響、ポライトネス理論、テクニカルコミュニケーションについての説明がありました。

ポライトネス理論のところでは、ポジティブ・フェイスとネガティブ・フェイスという2つの相反する欲求についての説明がありました。

 

その時々によってどちらの欲求が強いのかが違うので、それを察して看護に活かせるといいですよね!

 

看護におけるコミュニケーション

このパートで印象に残ったのは、非言語的メッセージの重要性です。

言葉で伝える言語的メッセージと同じぐらい、時にはそれ以上に非言語的メッセージが相手に伝えるものが大きいこともあるんですね。

 

講義の中では、患者さんが胃カメラの検査を受ける場合における非言語的メッセージの重要性を例として採り上げていました。

優しく手を添えるなど、それだけで安心してもらえたりするんですよね。

 

コミュニケーションって、言わば全人格的なやりとりなんですよね。そう考えると、自分の内面を磨くこともやっていかないとなあ、って思いました。

 

(放送大学の基礎看護学('16)は、毎週木曜12:00~12:45にテレビ講義が行われています!)

-基礎看護学

Copyright© 安心!看護師求人比較サイト , 2022 All Rights Reserved.